福岡テンジン大学ニュース

一覧へ戻る

【募集】ふくおかのれきし絵本プロジェクトについて

2016年8月16日(火)

 

 

なぜ福岡の歴史の絵本をつくるのか?

実は福岡、日本国内の中でも群を抜いて「歴史的なモノゴト」があることをご存じでしたか?全国的にも住みよい街として評価が上がる中、「なぜ福岡がそんな街になったのか?」の変遷や歴史について語られることが非常に少ないと感じました。私たちは、福岡の歴史を知り、人と人が交流して磨かれていったこの街の魅力とDNAを、次世代を担う子どもたちに、わかりやすく伝えていくツールとして「絵本」を選択しました。

 

 

福岡市との共働事業に採択!

2016年度の福岡市共働事業提案制度(市とNPO・ボランティア団体が共働して事業を行う仕組み)として採択され、絵本づくりの歴史的観点の監修から、絵本完成後の市内各地の教育機関・子ども関連施設への設置を行うことが決定しました!!

(共働事業名 : ふくおかのれきし絵本プロジェクト)

 

<こんな絵本をつくります!>

・福岡の約2000年の歴史の流れがわかる!

・常に都市として人が交流してきたのがわかる!

・太古からアジアとの近さを感じられるのがわかる!

・今後の福岡の都市としての成熟にワクワクできる!

・制作冊数 : 1,000部

・ページ数 : 34ページ予定(全ページフルカラー)

 

 

<進捗状況!>2017.2.22現在

福岡の「歴史的な史実・事実・遺跡・遺物」を扱うため、思った以上に「絵にすること」に難航しております。過去に福岡市や博物館として、子ども向けの絵本や教材をつくろう!と検討したものの、作れなかった理由がよくわかりました。しかしながら、今回の共働事業ということで、「想い」をみんなで共有して制作が進んでおります!今現在、いくつかのページの絵が出来上がりつつあります。絵本完成時期は、当初9月予定にしておりましたが、2017年3月を予定しております。

 

 

<こんなところに絵本が設置されます!>

市内の公民館(希望があったところ)
市内すべての図書館
福岡市が持つ各施設
市立保育園・幼稚園
市立小学校の図書室

 

 

【資金的支援のお願い】

目標金額:300,000円

1口2,000円を募集いたします!

 

 

支援いただいた方への特典

・完成した絵本を郵送にて送らせていただきます

・プロジェクトの進捗状況をメールにてお知らせ

 

福岡市共働事業として、約120万円ほどの予算が付くことが決定しました。しかし、絵本1,000冊をつくるための「イラスト制作・印刷費」などの予算がまだ不足しています。そこで2016年9月2017年3月の完成に向けてこの絵本づくりの支援金を、募らせていただきたいと思います。なにとぞ、ご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

支援方法

下記よりフォームへアクセスし、必要事項を記入して「申込」を行ってください。申込完了と同時に、確認のメールを送らせていただきます。確認メールに、振込 先の情報を記載されていただきますので、たいへんお手数おかけいたしますがお振込みのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

>> 支援申込はコチラ <<