福岡テンジン大学 学生登録

授業レポート

一覧へ戻る

気楽に楽しく!脱体育会ランニング

気楽に楽しく!脱体育会ランニング

2017年8月26日(土)

 

講師は、「福岡マラソンランナー挑戦プロジェクト」のトレーナーとして活躍中の小島成久先生です。小島先生は、フルマラソン2時間22分、ウルトラマラソン(100km)6時間36分34秒という記録をもつすごい人です。

 

 

 

 

まさかの雨の中、13人の参加者が集まりました。まずは、同じ列の人と自己紹介とマラソン&ラン経験を語り合いました。私の隣は28歳のKくん。友人に誘われてランニングを始めたばかりとのこと。場も盛り上がってきたところで、小島先生の登場です。

 

 

 

 

自己紹介があり、受講者へ「何か知りたいですか?」と優しい問いかけがありました。すると、受講者である迷えるランナーから次々に要望があがります。

 

・速く走りたい

・体への負担を少なくしたい(膝、腰、足首(指)、股関節)

・長く走りたい

・疲れを残したくない

・上半身の正しいフォームを知りたい

 

 

 

 

速く走りたい人は、ドリルなどの筋トレ、体への負担を少なくしたい人には、スクワットが有効だそうです。長く走りたい人は、練習を重ねれば走れるようになるそうです。

 

何より、これらの要望を解決するのは「ランニングフォーム=姿勢」とのことでした。

日常生活の姿勢を正しくすることによって、ランニングのフォームも良くなるそうです。

 

そこで、正しい姿勢で座ってみます。「正しい姿勢」とは、椅子に浅く腰かけて、座高が高くなる姿勢のこと。目線も少し高くなります。「正しい姿勢」と「普段の生活での姿勢(背中を背もたれに頼るなど)」で、それぞれ立ち上がってみます。正しい姿勢は、スッと立ち上がることができるのに対して、「普段の生活での姿勢」から立ち上がるには、よろめく人もいて時間がかかっていました。

 

 

 

 

体にとって楽な姿勢とは、

 

・動作がしやすいこと

・見た目が美しいこと

・体の故障など、不都合がおきないこと

 

だそうです。今までの楽な姿勢は、体にとって楽な姿勢ではないのです。目からウロコでした。

 

次に、実習が始まりました。まずは、正しいシューズの履き方。
かかとをシューズの後ろに合わせて、つま先に人指し指が一本横向きに空いているのがベスト。靴ひもは、走る前にきつめに結ぶ。また、緩まないひもの結び方も習いました。リボン結びをして、もう一度、輪を結ぶといいとのことでした。

 

 

 

 

みんなの気持ちが天に通じたのかもしれません。雨も上がり、ランナーの聖地、平和台陸上競技場内で走ります!
まずは、ストレッチ。ここでも、体を正面に向けて正しい姿勢をとることが重要性を学びました。

 

 

 

 

次にランニングです。ここで、正しいランニングフォームの取り方を学びました。それは、背伸びをして両手を耳の後ろに降ろします。すると、自然と胸の張った姿勢になります。普段の姿勢と比べて、目線も高くなるのが分かります。胸のみぞおちの上をまっすぐ正面に向けることが重要です。

 

 

 

 

手本は古いアニメファンにはおなじみの「ど根性ガエル」です。
みぞおちの上に、「ぴょん吉」がいて、上に向かって飛んでいくイメージで走ってみます。すると、体がふわっと軽く足もいつもより前に進む感じがしました。また、ランニング途中の目線は、上り坂でも常に前を向くことが重要です。

 

 

 

 

あっという間に、授業が終了しました。

今回、姿勢を正しくすることが、いかに重要かを学びました。背伸びをするだけで、ランニングの正しい姿勢がとれるって素敵ですね。さっそく、翌日からのランニングに取り入れてみます。小島先生、ありがとうございました。

 

( ボランティアスタッフ 泊 有佐 )

 


 

【今回の授業のコーディネーター】

 

気楽に楽しく!脱体育会ランニング

 

中牟田 康

 

福岡市出身。約16年間の新聞社勤務中は、主に野球やサッカーなどを担当し、1999年のホークス初の日本一の胴上げは、相手チームの担当記者として見る。フリー転身後は主にボートレースの予想を担当しながら、たまに野球の原稿や放送の台本、翻訳なども担当。趣味はマラソンと英会話。姉妹校「ひろしまジン大学」からの転校生でもある。

 


 

【今回の先生】

 

気楽に楽しく!脱体育会ランニング

 

小島 成久

 

1964年、福岡市生まれ。福岡市在住。高校、大学、社会人では陸上やマラソンで活躍。以後はプロアマ問わずに多くのランナーを指導。2017年4月から西鉄陸上競技部フィジカルトレーナーも務める。『快適なランニングを創造する』をテーマに、コアコンディショニングによるヒトの発達発育に沿ったエクササイズでランナーのフォーム作りやコンディショニングを中心としたサポートしている。

 


 

【今回の教室】

 

気楽に楽しく!脱体育会ランニング

 

平和台陸上競技場

舞鶴公園内にある、福岡陸上競技のメッカ。西の大濠公園、東の鴻臚館跡展示館の間に位置する。福岡国際マラソンのスタート&ゴール地点として有名で、瀬古利彦など内外の実力者が福岡から世界へ羽ばたいた。現在も、小中高生から社会人まで大会や練習を通じて使用している。

 

住所 : 福岡市中央区城内1

電話番号 : 092-781-2153

営業時間 : 9:00~19:00(4月1日~9月30日、他の期間は18時まで)

 

■webサイト

舞鶴公園

 

■アクセスマップ

33.586771,130.383117

大きな地図で見る