街の先生

一覧へ戻る

森本 太郎

森本 太郎

ファブラボ博多 代表

1982年三重県生まれ。京都工芸繊維大学で建築・デザインを学び、卒業後、国内外の店舗設計を手がける株式会社スペースに入社。金沢、そして香港へと拠点を移し、急成長するアジアシーンを体感する。世界の価値観に触れるなかで自身の働き方と生活の質を見直し、独立を決意。福岡へ移住後、シェアリングスペースをつくる株式会社superlapを設立する。浪費されるものづくりではなく、じぶんの手でつくる等身大のものづくりを育てたい。そんな想いで、2016年3月にデジタル工房「ファブラボ博多」をオープン。3Dプリンターやレーザーカッターを使ったワークショップを開催し、地元クリエイターとのコラボ企画も多数考案中。

 

<webサイト>

ファブラボ博多