フクオカテンジン大学

フクオカテンジン大学

企業・自治体の皆様 学生登録

授業案内

一覧に戻る

天神の“イマ”を知る ~アートから考える天神のこれから~

申込受付終了

[開催日時]:2024年7月27日(土)9:45~12:30

[教室]:天神地下街

[先生]:We Love 天神協議会

ご飯がおいしい!都会と自然が近い!若者が多い!活気がある!なんて評される福岡のまち☆

そんな福岡のまちは、2000年近く人や物や文化が行き交う物語のすえ、100年に1度レベルの都心部を大リニューアル中です!!

 

 

その名も天神ビッグバン!

 

 

この春、福岡にやってきた人も、ずっと福岡にいる人も、ちょっぴり天神に詳しくなって、一緒にまちの未来について対話してみませんか?

 

 

まず集合するのは新天町の5階です。

(えっ!?新天町に5階なんてあるの?と思ったなら、ぜひ未体験ゾーンへ!)

 

 

そして天神の“イマ”にいたる背景を学び、天神を散策してみましょう♪と言っても、7月の山笠が終われば本格的な夏到来。そんな暑い日に地上はちょっと歩けない…

 

 

ということで、天神ビッグバン後も新旧のビルを地下で繋ぎ、天神の個性の根っこと言っても良い“天神地下街”と“アート”を巡ります♪天神というまちの、未来へのワクワクを見つけられるかもしれませんね!

 

 

We Love 天神協議会 主催「天神まちづくりセミナー」

天神エリアの企業、団体、住民、行政など多様な活動主体で構成するエリアマネジメント団体。天神が“歩いて楽しいまち”であるよう、様々な取り組みを行っています。天神まちづくりセミナーでは、天神の魅力や可能性をもっと知り、もっと良いまちにするために、学び合い、繋がり、アクションへと繋いでいく学びの場です。

We Love 天神協議会WEB

 

 

 

【授業の流れ】

 9:30 受付開始

 9:45 授業スタート

     チェックイン

 9:55 座学Ⅰ:天神の特徴

     座学Ⅱ:天神のまちづくり

10:30 まちあるき

     休憩

11:45 全体共有

     ふりかえり・集合写真

12:30 授業終了

 

 

【授業概要】

・開催日:2024年7月27日(土)9:45~12:30

・教室:天神地下街

・先生:We Love 天神協議会

・定員:25名

・参加対象:まちづくりを実践というより、関わり方を見つけたい、自分なりのまちづくりを考えてみたい人

・持ってくるもの:スマートフォン

・参加費:無料

・申込方法:下記フォームより申込

・申込締切:7月25日(木) 24時まで先着順にて受付

 

【注意事項】

※集合場所は、新天町の会議室となります。参加予定の方に場所をご案内いたします。
※この授業では、天神のまち(地下街メイン)を散策します。歩きやすい靴で参加ください。
※散策はグループで行動します。
※スマホで撮影した写真をチャットツールを使って共有するため、スマホをお持ちください。

 

学生登録していなくても申込可能です。


※参加申込はこちら

【今回の授業のコーディネーター】

天神の“イマ”を知る ~アートから考える天神のこれから~

岩永 真一

1981年、福岡市出身。広告業界でプランナーを経験し2009年に独立。大学生のときから街のそうじをしているグリーンバードに参加していたのをキッカケに、天神のまちづくり団体:We Love 天神協議会へ参画。独立したのをキッカケに福岡テンジン大学を企画し、2010年9月に開校・学長を務める。現在は、週1会社員・週1大学の教員など、複数の職場・仕事・プロジェクトに関わるパラレルキャリア(複業家)の働き方。

岩永真一ブログ

 

【今回の先生】

天神の“イマ”を知る ~アートから考える天神のこれから~

WeLove天神協議会

天神のエリアマネジメントを行う団体で、福岡市をはじめ天神を拠点とする多くの企業で構成する協議会。福岡市の人口増加とともに福岡の経済・情報・ファッションの発信地として栄えてきた天神だが、過密化による交通渋滞や違法駐輪などの課題を抱え、市や地権者・事業者による「新たな都心づくり」の試みとして、2004年に歩行者天国やオープンカフェなどの社会実験を実施。これがキッカケとなり「I Love 天神フォーラム」が開催され、2006年に天神の様々なまちづくり事業を行う「WeLove天神協議会」が誕生。2008年に「まちづくりガイドライン」を策定し、日本全国のエリアマネジメントのモデルにもなっている。

 

■We Love 天神協議会

http://welovetenjin.com/

 

【今回の教室】

天神の“イマ”を知る ~アートから考える天神のこれから~

天神地下街

1976年9月に開業した九州最大の繁華街、天神の渡辺通りの地下を南北590mにわたりショップや飲食店が並ぶ“てんちか”の愛称で親しまれている地下街。19世紀のヨーロッパの街並みをイメージしてつくられ、床は南欧風の石畳、天井は唐草模様のアルミキャストでつくられている。からくり時計やステンドグラスなど、暗がりの中にもヨーロッパの街並みを思わせるデザインが施されている。

 

開閉時間:5:30(開門)~24:30(閉門)

営業時間:10:00~20:00、[飲食・カフェ]10:00~21:00

    (一部異なる店舗がございます)

 

■WEBサイト

天神地下街WEBサイト