福岡テンジン大学 登録

授業レポート

一覧へ戻る

自分らしさ × モノ ~着物が生まれ変わるハンドメイド体験~

自分らしさ × モノ ~着物が生まれ変わるハンドメイド体験~

2020年8月22日(土)

皆さんはアップサイクルという言葉を知っていますか?

これはもともとの製品より、より新しく価値のあるものに創りかえるという意味とのこと。

 

 

今回は藤枝瀬里子さんとミルクぱく子さんを講師にお招きして、みんなでアップサイクルなハンドメイド体験を楽しみました。

まずは2人の講師の方のお話を聴きました。

 

 

藤枝瀬里子さんはとてもチャーミングな雰囲気とは裏腹に!?とっても活動的な方。

「人と関わらないと成長がない」と気づき会社に入社、女性の下着づくりがしたくて新規事業の立ち上げ等に携わるなど、バイタリティ溢れる方でした。

「裂きあみ」をするために最初は新しい布を裂いていたが、不要になった着物を裂くようになり生まれたのがキモノヤーンkimonoyarn(着物の糸)。

「着物を洗浄、解体して糸として使うほうがよっぽどお金がかかるけれど、この着物を大切にしたい」そんな気持ちから活動しているとのこと。kimonoyarnを見つめる瀬里子さんのまなざしはとても優しく力強さを感じました。

 

 

ミルクぱく子さんは3歳の息子さんの子育てと仕事を両立しながら、クオリティの高いアップサイクルアイテム制作を手掛ける作家さん。

雑誌に「牛乳パックをくしゃくしゃにするとこんなものができるよ」と書いてあったので興味を持ち始めたとのこと。「牛乳パックのしわ入れは人によって個性が出るんですよ」としわ入れ実演をしてくださったぱく子さんは好奇心旺盛で、趣味を副業へと繋ぐことのできた素敵な笑顔の女性でした。

 

 

その後、少人数ワークの特権で一人ずつ今回の参加動機をシェアしました。

 

もともとモノづくりが好き。もともと古いものが好き。自分らしさが表わせるものを作ってみたかった。久々にオフライン授業を楽しみたかった。消費ばかりする自分を見つめ直したい。などなどいろんなきっかけから集まっていただきました。

 

ハンドメイドの良さは1から10まで全て自分で出来るところ!ということで私たちも物を大切にする気持ちを込めてハンドメイド体験へ。

 

 

こんなにも無言で集中する授業があったでしょうか(笑)30分程集中して作品を作り上げ感想もシェアしていただきました。

 

着物の生地はシルクでできている。手に触れるだけで手先も心も癒された。シルクで手もツルツルになってきた。kimonoyarnの柄のバリエーションにも癒された。牛乳パックの新たな可能性を発見できた。家でも作ってみたい。

 

 

kimonoyarnの手触りと物を大切にする気持ちから自然と笑みがこぼれ、終始優しい雰囲気に包まれたワークショップでした。

二人の講師の「kimonoyarnと牛乳パックが出逢ったことで、作品に色が入り、拡がりが生まれました。」という言葉がとても印象的でした。私はこの二人の講師が出逢えたことでこれからも素敵な作品が生まれるワクワクを楽しみにしています。

 

 

<この授業のスタッフ>

Report 金盛 麻記

Photo   渕  信子

Staff    太田 龍成

 


 

【今回の授業のコーディネーター】

 

自分らしさ × モノ ~着物が生まれ変わるハンドメイド体験~

 

田代 明子

 

福岡生まれ福岡育ち。10年間の関東暮らしを経て、2011年からまた福岡暮らし。寝具メーカー・調査員・派遣カメラマン・外資系IT企業・製薬会社・・・・その時々でいろんな仕事や働きかたをしてきた2児(と言ってももう大きいですが)の母。テン大の存在はずっと前から知っていたものの、なかなかタイミングが合わず(子供がいる人にとって、土曜日に一人で街に出ること自体ハードルが高いのですよ)2018年7月28日「ぼくたちはどう生きるか〜未来の働き方を考える〜」がテン大初参加。ちょうど自分の働き方や生き方の転換期と重なった、この授業をきっかけにテン大やフリーランス協会福岡HUBの活動に関わることに。自分の経験から、幾つになっても、人は自分の意思があれば変われる。そしてそんな人たちのよき伴走者となることが今後の夢。

 

■一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

https://www.freelance-jp.org

 


 

【今回の先生】

 

自分らしさ × モノ ~着物が生まれ変わるハンドメイド体験~

 

藤枝 瀬里子

 

2009年より観光・集客事業の再生を行う会社イデアパートナーズ株式会社に入社、九州各地の地域活性化のプランニングに携わる。2010年より同社NPO法人にて、「福岡のまちを元気にする」をコンセプトに、様々なイベントや商品を企画。福岡市内の飲食店をはしごして楽しむイベント「バルウォーク福岡」や屋台を回遊する「屋台きっぷ」、「FUKUOKA体験バスTICKET」等の企画・実施。ジビエ料理専門店の立ち上げ等、新規事業に携わる。2018年4月、三和物産株式会社(石川県)に入社。2018年10月、同社の社内新規事業「株式会社リクラ」の立ち上げに携わる。事業構想大学院大学・福岡校一期生

 

<webサイト>

Instagram: https://www.instagram.com/kimonoyarn/

 


 

自分らしさ × モノ ~着物が生まれ変わるハンドメイド体験~

 

ミルクぱく子

 

牛乳パック・豆乳パックを使用した、クオリティの高い。アップサイクルアイテム制作を手掛ける作家。福岡を中心にイベント等にも積極的に参加。子育てと仕事をしながら作家活動中。

 

<webサイト>

Instagram:https://www.instagram.com/milk_packco1020/
Twitter:https://twitter.com/milk_packco1020

 


 

【今回の教室】

 

自分らしさ × モノ ~着物が生まれ変わるハンドメイド体験~

 

イムズ

1989年4月12日に天神の中心地にてオープンした商業施設。「まちの情報受発信基地」としてInter Media Stationの頭文字をとって「IMS」という名称になっており、ショッピング以外にも演劇や映画鑑賞などのホール、セミナールームなども設備、文化やスポーツが楽しめたり、学びのスクールがあったりと多様なコンテンツが揃っている。外壁のタイルは全て有田焼のタイルでできている。

 

<webサイト>

http://ims-tenjin.jp/

無料の授業をもっと増やすために サポーター制度

テン大で学ぶ人々

野田 遥の場合←貴島 道拓より
野田 遥公務員
貴島 道拓の場合←林 里穂より
貴島 道拓民間企業勤務

すべて見る ]

スタッフ紹介

福岡テンジン大学学長ブログ
福岡テンジン大学・学長、岩永真一の日々の奮闘記をお届けします!

授業コーディネーター紹介 ]

システムパートナー

  • ビートレンド

登録・授業申込の仕組みについて

法人会員・協賛

  • 西日本鉄道株式会社
  • ひとのときを、想う。JT
  • マンガ制作といえばシンフィールド
  • 株式会社すこやか工房
  • 天神イムズ
  • コーチ・コントリビューション株式会社
  • 天神がんクリニック
  • カラクリワークス

広報支援

福岡テンジン大学は、SOS子どもの村JAPANの活動を、応援しています。

里親、ご存知ですか? SOS 子どもの村 JAPAN