授業案内

一覧へ戻る

災害が起きたとき、あなたはどうする?~福岡に暮らす人のための防災入門~

災害が起きたとき、あなたはどうする?~福岡に暮らす人のための防災入門~
申込受付中
[開催日時]
2017年5月27日(土) 13:45~16:00
[教室]
赤煉瓦文化館
[先生]
藤本 広一 (福岡市 市民局 防災・危機管理課)

 

1年と少し前の4月14日21時26分。

 

 

あなたはどこにいましたか?

一人暮らしでしたか?家族と暮らしていましたか?

 

 

古来より地震・津波・台風・洪水など自然災害が、暮らしのすぐ隣にあった日本。

ここ福岡は、あまり“自然災害がない”と思われている都市の1つでもあり

東北大震災も、熊本地震でも、その後の防災や災害支援などが

どこか他人事な雰囲気もあったような気もしています。

 

 

今回の先生は福岡市の防災・危機管理部長に登壇いただき

もし災害が起こったら?をテーマに、防災の入門編を学びます。

さらにこの1年間で構築されはじめた、新しい防災&支援のカタチについて話を聞き

災害が起きてから、支援までの流れを学んでみましょう。

 

 

「福岡は暮らしやすい」はその通りかもしれませんが

一人暮らしも多く、マンションなどの集合住宅比率が全国トップレベルの福岡で

もし災害が起きたら、あなたはどうしますか?

 

 

【授業の流れ】

13:15 受付開始

13:45 授業開始・イントロ

    ミニワークショップ

14:05 先生の話①

14:30 ワークショップ

15:30 ふりかえり

16:00 授業終了

 

 

【授業概要】

・定員 : 20名

・参加対象 : 防災について気になってるけど詳しくない方

・参加費 : 無料

・申込締切 : 5月18日(木) 24時まで

・申込方法 : 下記フォームより申込 (定員を超える場合は抽選となります)

※1:本授業の抽選は2017年5月19日(金)に行います。

※2:抽選後、定員に満たない場合など、5月25日(木)24時まで先着順でお申し込みの受付を再開いたします。

※3:当選した場合で、どうしても参加できないときは必ず当選メールに記載のアドレスへ連絡ください。

 

 

※参加申込みをするには、学生登録が必要です。

※申込完了メールを受信された時点で、受付完了となります。

申込完了メールが届かない方は、PCメールソフトの設定(迷惑メールフォルダ)などをご確認ください

 

 


 

【今回の授業のコーディネーター】 岩永 真一

 

災害が起きたとき、あなたはどうする?~福岡に暮らす人のための防災入門~

 

1981年福岡市出身。広告業界で営業・プランナーを経験し2009年に独立。大学生から街のそうじをしているグリーンバードに参加、天神のまちづくり団体:We Love 天神協議会へ参画。2009年に独立したのをキッカケに福岡テンジン大学を企画し、2010年9月に開校・学長を務める。

現在は、フリーランスでありながら複数の企業やNPOの社外社員、いくつかの大学の非常勤講師など、複数の職場・仕事・プロジェクトに関わる「複業」を実践。夜明の里カメミツ株式会社(社外社員)、九州大学 21世紀プログラム(非常勤講師)、北九州市立大学 地域創生学群(特別講師)、九州産業大学 商学部(非常勤講師)、福岡市博物館協議会委員、福岡市科学館準備室(コーディネーター)、NPO法人タウンモービルネットワーク(アドバイザー)を務める。

(photo by Youhei Wakamatsu)

 

■岩永真一ブログ

http://caerumedia.com/

 

 


 

【今回の先生】 藤本 広一

 

災害が起きたとき、あなたはどうする?~福岡に暮らす人のための防災入門~

 

熊本生まれ、横浜市~愛知県長久手市育ち。福岡市役所ではロボカップやサイバー大学の誘致、基本計画策定、創業特区、スタートアップカフェ立ち上げなどに携わる。2017年4月より、防災・危機管理部で防災の計画や広域協力に取り組む。熊本地震の際は大名小学校での物資受け入れを担当した。個人の活動では、旅をキーワードに九州を遊ぶ、九州エンパワーメント研究会を主宰。

 

<WEBサイト>

九州エンパワーメント研究会

 


 

【今回の教室】 赤煉瓦文化館

 

災害が起きたとき、あなたはどうする?~福岡に暮らす人のための防災入門~

 

明治時代の我が国を代表する建築家・辰野金吾と片岡安の設計により、 日本生命保険株式会社九州支店として明治42年(1909)に竣工。 赤煉瓦と白い花崗岩の外壁は19世紀末のイギリス様式で、ほかに尖塔やドームなど、小規模ながら変化に富んでいる建物です。

福岡市歴史資料館として使用された後、有料の会議室等を備えた市民に開かれた施設「赤煉瓦文化館」としてオープン。平成14年(2002)からは1階の一部が「福岡市文学館」として使用され、 文学に関するさまざまな情報を収集・提供しています。 国の重要文化財。 

 

住所:福岡市中央区天神1-15-30

電話 : 092-722-4666

※お問い合わせは所在場所についてのみ、お願い致します。授業内容につきましては、福岡テンジン大学までお問合せください。

 

■赤煉瓦文化館概要・アクセスMAP

http://www.yokanavi.com/jp/landmark/index/179

(福岡・博多の観光案内サイト よかなびへ)

※駐輪場は、周辺の路上駐輪場をご利用ください。

福岡県福岡市中央区天神1丁目15−30

大きな地図で見る