福岡テンジン大学 登録

授業案内

一覧へ戻る

[休日のタイムトラベラー] スパイとなって潜入せよ!~ライバルの弱点を探れ~

[休日のタイムトラベラー] スパイとなって潜入せよ!~ライバルの弱点を探れ~
申込受付中
[開催日時]
2014年10月25日(土) 9:30~12:30
[教室]
簀子公民館
[先生]
中村 啓太郎 (福岡市経済観光文化局 福岡城跡整備係)

 参加費:無料 定員:25名 参加対象:どなたでも

 

【申込締切】10月16日(木) 24時まで

【申込方法】上記受付期間中、WEBフォームより抽選予約制で申し込みを受付いたします。

【当日の持ち物】歩ける靴を履いてくる、カメラやスマホ

 ※1:本授業の抽選は2014年10月17日(金)に行います。

 ※2:抽選後、定員に満たない場合など、10月23日(木)24時まで先着順でお申し込みの受付を再開いたします。

 ※3:当選した場合で、どうしても参加できないときは必ず当選メールに記載のアドレスへ連絡ください。

 

 

 

福岡には当時、最高峰の防衛機能を持つ拠点がありました。

そこはお隣の熊本よりも10倍すごいと

“その手のプロ”が絶賛したほど。

 

 

あなたがよく通る道、よく行くお店。

そこは昔、どんな姿だったんでしょうか。

休日に、その地域や人の姿をノゾキにいこう!

というタイムトラベラーシリーズです。

 

 

今回はその防衛機能を持つ拠点に侵入していただきます。

あなたは、ライバルであるお隣、小倉からやってきたスパイです。

時は戦国時代が終わり、江戸時代初期。

どうやら福岡と小倉はなぜか仲良くなく

一触即発の状況にあるようです。

 

 

そこで!

ライバルの拠点に潜入できるチャンスがやってきました。

 

 

新しい藩士を募集するとのこと。

場所は、福岡市中央区の大手門のすぐそばにある

簀子(すのこ)と呼ばれるところ。

ここをスタートし、拠点の案内を

先輩藩士が新米藩士として潜入するあなた向けにしてくれるらしいのです。

どんな防衛機能を持っていても、きっと弱点はあるはず!?

 

 

スパイとなって新米藩士の振りをし、ライバルの懐へ潜入し

どんなところが弱点かを探っていただきたい。

これが今回の授業のミッションです。

 

※参加申込みをするには、学生登録が必要です。

※申込完了メールを受信された時点で、受付完了となります。

申込完了メールが届かない方は、PCメールソフトの設定(迷惑メールフォルダ)などをご確認ください

 

 

【授業の流れ】

  9:15  受付開始

  9:30  授業開始

  9:45  先生のお話

10:15  まちあるき

11:25  休憩

11:35  グループごとにワークショップ

12:15  発表

12:30  終了

 

 

 

【特別学科】休日のタイムトラベラー

この授業は、福岡市中央区の事業「まちの魅力再発見講座」です。福岡には歴史がない!なんて言うけども、実は京都に次いで神社・仏閣が多く、古墳も2,000基以上あり、福岡城の名残をいたるところに残しているまち。そんなまちを、タイムトラベルという時間旅行で、違った視点から楽しむことができる授業です。

参考:福岡市中央区のみどころ“歴史”

 


 

【今回の授業のコーディネーター】 

 岩永真一 福岡テンジン大学学長

 

  2009年に独立したのをキッカケに福岡市共働事業提案制度に「福岡テンジン大学」を提案、2010年9月に福岡テンジン大学として開校し学長も務める。学長としての顔以外にも、集客・販売促進の広告プロデュース、九州大学非常勤講師や小中学校での講師、男女共同参画やまちづくり・地域づくりでの講師、ファシリテーターなどを行っている。2012年から福岡市総合計画審議会委員、2013年4月より北九州市立大学の特任教員も務める。

 

 


 

【今回の先生】 中村 啓太郎    福岡市経済観光文化局 福岡城跡整備係

 

  福岡生まれ福岡育ち。小さい頃より歴史的遺跡・史跡が好きで、自転車で市外まで見に行くほどの歴史好きで育つ。福岡市へは文化財専門職として入庁後、市内各地の遺跡発掘調査などに携わり、2013年より始まった福岡城上ノ橋御門の石垣修復工事や、2014年に策定される福岡城跡整備基本計画などにも携わっている。

 


 

【今回の教室】 : 簀子公民館

 

 

福岡市中央区の福岡城跡すぐ北にある校区“簀子(すのこ)”の公民館。簀子という名前は、以前は簀子町という町名があり、大正時代に小学校ができた際の名残。現在は小学校とその横の公園、公民館のみに残る名前で、そもそもの簀子の由来は諸説あり不明。福岡城のすぐ北に位置し、港となっていたため、米蔵や紙役場、銀座などがある本当の福岡城城下町だった。福岡大空襲では簀子校区は2軒を残し、全ての家屋が全焼した被害の多かった校区で、簀子公園に戦災慰霊碑がある。
住所 : 福岡市中央区大手門3-10-7

 

 

無料の授業をもっと増やすために サポーター制度

テン大で学ぶ人々

林 里穂の場合←泉 佑果より
林 里穂化粧品営業
泉 佑果の場合←尾崎 純矢より
泉 佑果現役大学生

すべて見る ]

スタッフ紹介

福岡テンジン大学学長ブログ
福岡テンジン大学・学長、岩永真一の日々の奮闘記をお届けします!

授業コーディネーター紹介 ]

システムパートナー

  • ビートレンド

登録・授業申込の仕組みについて

法人会員・協賛

  • 西日本鉄道株式会社
  • マンガ制作といえばシンフィールド
  • 株式会社すこやか工房
  • 天神イムズ
  • コーチ・コントリビューション株式会社
  • 株式会社AGO
  • カラクリワークス

広報支援

福岡テンジン大学は、SOS子どもの村JAPANの活動を、応援しています。

里親、ご存知ですか? SOS 子どもの村 JAPAN