福岡テンジン大学 学生登録

授業案内

一覧へ戻る

福岡のカフェ文化ってどう変わってきたんだろう?~人気カフェオーナー&仕掛け人に聞く『福岡カフェ物語』~

福岡のカフェ文化ってどう変わってきたんだろう?~人気カフェオーナー&仕掛け人に聞く『福岡カフェ物語』~
申込受付中
[開催日時]
2011年7月23日(土) 15:00~17:15
[教室]
Café sones (カフェ・ソネス)
[先生]
木下 雄貴 (Café sones・trene・icone オーナー)

【定員】 20名

【申込締切】 7月14日(木) 24時まで

 

 

※1:本授業の抽選は2011年7月15日(金)に行います。

※2:抽選後、定員に満たない場合など、2011年7月21日(木)24時まで先着順でお申し込みを受付を再開いたします。

 

 

住民意識調査で例年9割以上が「住みやすい」と太鼓判を押す福岡市。

2008年には、英国の高級情報誌「モノクル」に「世界で最も住みやすい25都市」の17位で初登場しました。

 

 

さらに2010年には、公園の改修や、電気自動車の普及施策が評価され、

世界遺産のガウディ建築で知られるスペイン・バルセロナを抜き14位。

 

 

そして2010年3月に発売された隔週刊誌「ブルータス」(マガジンハウス社)では、

今年の「魅力ある地方都市ランキング50」で、カフェ文化が充実した「転勤族あこがれの地」として、

那覇市(5位)、熊本市(10位)などを、抑え堂々1位になりました。

 

 

そんな僕たちが誇るべき福岡。

この街で、そのカフェ文化を語る上で外せない方が今回の先生。

「木下雄貴(Cafe sones)」

 

 

福岡のカフェ関係者はもちろん、その名前は全国に広がり、

カフェの全国紙にもお店の紹介やインタビューが掲載されています。

 

 

今回は、そんな木下さんにお店をやろうと思ったお話や

全10回を開催するに至った「カフェウィーク」が始まった頃からの物語

そしてこれまでの様々な経験や苦労、そしてその先にあるものについてお話し頂きます。

そのあとには、みんなで「カフェを使った街遊び」についてお話したいと思います。

 

 

これから自分の好きなことで仕事をしてみようと考えている方や

人との繋がりのなかでイベントや企画を考えてみたいという方、大好きな街を元気にしたいという方など

今後何かを始めたいと思っている方々のきっかけになればと思います。

 

 

 

本授業への参加申込みはコチラ (学生認証画面へ)

 

※参加申込みをするには、学生登録が必要です。

※申込みが完了すると、申込完了メールが送付されます。

申込完了メールが届かない方は、PCメールソフトの設定(携帯電話ドメイン指定受信設定)などをご確認ください

 

 

 

【授業の流れ】

14:30 受付開始

15:00 授業開始

    先生紹介

    先生のお話

    みんなでお話タイム

17:15 おわりに~記念写真撮影、解散

 

(授業コーディネータ : 東 信史)

 


 

【今回の先生】

木下 雄貴 (Café sones・trene・icone オーナー)

 


 

【今回の教室】

Café sones (カフェ・ソネス)

住所 : 福岡市中央区薬院1-16-18 エジマビル102

無料の授業をもっと増やすために サポーター制度

テン大で学ぶ人々

林 里穂の場合←泉 佑果より
林 里穂化粧品営業
泉 佑果の場合←尾崎 純矢より
泉 佑果現役大学生

すべて見る ]

スタッフ紹介

福岡テンジン大学学長ブログ
福岡テンジン大学・学長、岩永真一の日々の奮闘記をお届けします!

授業コーディネーター紹介 ]

システムパートナー

  • ビートレンド

登録・授業申込の仕組みについて

法人会員・協賛

  • 西日本鉄道株式会社
  • マンガ制作といえばシンフィールド
  • 株式会社すこやか工房
  • 天神イムズ
  • コーチ・コントリビューション株式会社
  • 株式会社AGO
  • カラクリワークス

広報支援

福岡テンジン大学は、SOS子どもの村JAPANの活動を、応援しています。

里親、ご存知ですか? SOS 子どもの村 JAPAN