フクオカテンジン大学

フクオカテンジン大学

企業・自治体の皆様 学生登録

授業案内

一覧に戻る

もっとちゃんと伝えあいたい。 -会話の中の言葉以上に大切なもの-

終了しました

[開催日時]:2018年5月26日(土) 11:00~12:30

[教室]:イムズ10F セミナールーム

[先生]:吉田 篤史 (無声コミュニケーター)

日々の生活の中で、あなたが考えたこと、想ったこと。

きっと、あなたは、それを誰かに伝えていると思います。

そして、その誰かからも、沢山の言葉を受けとっていることでしょう。

 

それは、友人かもしれないし、

家族かもしれないし、パートナーかもしれない。

 

でもその言葉はちゃんと

あなたの意図どおりに

相手に届いているのでしょうか。

 

そして、

相手の言葉の奥にある考えや想いを

あなたはちゃんと読みとれているのでしょうか。

 

 

 

伝えたいことを一生懸命口に出しても、

うまく伝わらないことがあるコミュニケーション。

 

その原因は、言葉じゃないかもしれません。

 

人と人が、その考えや想いを伝えあう行為を

この授業を通して見つめ直していけたらと思います。

 

 

【授業の流れ】

10:30 受付開始

11:00 授業開始

11:20 先生の話

12:00 ワークショップ

12:25 集合写真・アンケート

12:30 授業終了

 

【授業概要】

・定員 : 20名

・参加対象 :どなたでも

 ・参加費 :無料

・申込締切 : 5月24日(木) 24時まで、あと若干名を先着順で受付中!

・申込方法 : 下記フォームより申込 (定員を超える場合は抽選となります)

 

※:どうしても参加できないときは必ず申込受付メールに記載のアドレスへ連絡ください。

 

【注意事項】

※この授業は、友人・知人・家族などと一緒に参加可能な授業です。

※一緒に参加される方がいる場合は、応募フォームにその方のお名前(フルネーム)をご記入して応募してください。

 

※参加申込みをするには、学生登録が必要です。

※申込完了メールを受信された時点で、受付完了となります。

申込完了メールが届かない方は、PCメールソフトの設定(迷惑メールフォルダ)などをご確認ください

【今回の授業のコーディネーター】

もっとちゃんと伝えあいたい。 -会話の中の言葉以上に大切なもの-

吉開 崇人

1986年、福岡生まれ。九州大学芸術工学部卒。民間企業勤務。テンジン大学では、理事、授業局長、授業コーディネータを担当。福岡の街の本のお祭りBOOKUOKAにも参加。赤坂のけやき通りで毎年開催されている「のきさき古本市」の取り纏めを行っている。

【今回の先生】

もっとちゃんと伝えあいたい。 -会話の中の言葉以上に大切なもの-

吉田 篤史

1988年福岡市出身。生まれつき気道が成形されない「先天性喉頭閉鎖症」で、医者には一生病院を出られるかどうかわからない、と言われていた。2歳で退院し、以後は表情やジェスチャーでコミュニケーションを覚え、小学校・中学校・高校・専門学校と普通に通い、現在は民間企業で事務をしている。グリーンバード福岡に参加したのをキッカケに、抜群の非言語コミュニケーション能力と、iPadなどのツールを使いこなし、今では福岡テンジン大学で授業コーディネーターや先生を務め、自らの無声コミュニケーションの可能性を広げている。

 

■吉田篤史 facebook

http://facebook.com/atsushi.yoshida22

 

■講師実績

言葉を持たない僕がコミュニケーションに困らない理由とは (テンジン大学授業)

桜坂山ノ手荘NEWS Cafe~コミュニケーションってなんだろう?~ (西日本新聞社主催)

【今回の教室】

もっとちゃんと伝えあいたい。 -会話の中の言葉以上に大切なもの-

イムズ

1989年4月12日に天神の中心地にてオープンした商業施設。「まちの情報受発信基地」としてInter Media Stationの頭文字をとって「IMS」という名称になっており、ショッピング以外にも演劇や映画鑑賞などのホール、セミナールームなども設備、文化やスポーツが楽しめたり、学びのスクールがあったりと多様なコンテンツが揃っている。外壁のタイルは全て有田焼のタイルでできている。

 

<webサイト>

http://ims-tenjin.jp/