福岡テンジン大学 登録

授業案内

一覧へ戻る

ホークスのコミュニケーションをアップデートせよ!

ホークスのコミュニケーションをアップデートせよ!
申込受付中
[開催日時]
2019年5月25日(土) 10:30~12:30
[教室]
イムズ10Fセミナールーム
[先生]
福岡ソフトバンクホークス/中村 修治 (プランナー)

ホークス、福岡に来てくれて30周年おめでとう!そして、ありがとう!!今回は福岡テンジン大学と、福岡ソフトバンクホークスのコラボ授業です。

 

 

「鷹の祭典」

「タカガールデー」

「女子高生デー」

 

 

試合をイベント化したこのような「名前」、聞いたことありませんか?実はホークス、プロ野球12球団の中でも、いろんな年代の人が観戦に足を運んでおり、かつ女性比率も高い!観客動員数は巨人・阪神に次ぐ3位。その強さは「多くの観客数と人気」から来ているのかもしれません。

 

 

そんなホークスの中の人たちが日々マーケティングし、次々に打ち出す市民へのコミュニケーションや観戦者を虜にする企画。この非の打ち所がないくらい練られた数々のコミュニケーションデザインは、まだ進化するのでしょうか?

 

 

野球のことは、語りません。

選手のことも、語りません。

 

 

ホークスの中の人と、福岡の“あの場所”や“あの会社”のコミュニケーションをプランニングしまくってきた戦略プランナーである中村修治さんとで「ホークスのコミュニケーションをアップデートするミーティング」をします。あなたもこのミーティングに参加してみる?

 

 

【授業の流れ】

10:15 受付開始

10:30 授業開始・先生紹介

      チェックイン

      アップデートミーティング

12:30 授業終了

 

【授業概要】

・定員 : 20名

・参加対象 : どなたでも

・参加費 :無料

・申込締切 : 5月16日(木) 24時まで

・申込方法 : 下記フォームより申込 (定員を超える場合は抽選となります)

※1:本授業の抽選は2019年5月17日(金)に行います。

※2:抽選後、定員に満たない場合など、5月23日(木)24時まで先着順でお申し込みの受付を再開いたします。

※3:当選した場合で、どうしても参加できないときは必ず当選メールに記載のアドレスへ連絡ください。

 

※参加申込みをするには、学生登録が必要です。

※申込完了メールを受信された時点で、受付完了となります。

申込完了メールが届かない方は、PCメールソフトの設定(迷惑メールフォルダ)などをご確認ください

 


 

【今回の授業のコーディネーター】

 

ホークスのコミュニケーションをアップデートせよ!

 

岩永 真一

 

1981年福岡市出身。広告業界で営業・プランナーを経験し2009年に独立。大学生から街のそうじをしているグリーンバードに参加、天神のまちづくり団体:We Love 天神協議会へ参画。2009年に独立したのをキッカケに福岡テンジン大学を企画し、2010年9月に開校・学長を務める。現在は、フリーランスでありながら複数の企業やNPOの社外社員、大学の非常勤講師など、複数の職場・仕事・プロジェクトに関わる「複業」を実践。

(photo by Youhei Wakamatsu)

 

岩永真一ブログ

 

 


 

【今回の先生】

 

ホークスのコミュニケーションをアップデートせよ!

 

福岡ソフトバンクホークス

 

日本のプロ野球、パシフィック・リーグに所属するチーム。2005年より「福岡ソフトバンクホークス」となり、シンボルマークは黄色の2本線。2016年3月より2軍・3軍の本拠地および練習場として「HAWKSベースボールパーク筑後」をオープン。鷹の祭典、タカガールデーなどの企画を展開し、プロ野球チームにおける観客の若者比率・女性比率の向上に成功している。

 

<webサイト>

福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト

 


 

ホークスのコミュニケーションをアップデートせよ!

 

中村 修治

 

滋賀県出身、立命館大学卒業後に大手広告制作プロダクションを経て、1994年に独立し企画会社ペーパーカンパニーを設立。年間150本もの企画書を書き、広告代理店とともに多くの企業と、コトを起こしてきた企画屋。2006年にはPR会社キナックスホールディングスを立ち上げ現在は会長を務める。西日本新聞経済電子版qBizでコラム、深夜番組でのレギュラー出演など、多方面で活躍中。

 

■WEBサイト

中村修治WEBサイト

 


 

【今回の教室】

 

ホークスのコミュニケーションをアップデートせよ!

 

イムズ

1989年4月12日に天神の中心地にてオープンした商業施設。「まちの情報受発信基地」としてInter Media Stationの頭文字をとって「IMS」という名称になっており、ショッピング以外にも演劇や映画鑑賞などのホール、セミナールームなども設備、文化やスポーツが楽しめたり、学びのスクールがあったりと多様なコンテンツが揃っている。外壁のタイルは全て有田焼のタイルでできている。

 

<webサイト>

http://ims-tenjin.jp/

無料の授業をもっと増やすために サポーター制度

テン大で学ぶ人々

貴島 道拓の場合←林 里穂より
貴島 道拓民間企業勤務
林 里穂の場合←泉 佑果より
林 里穂化粧品営業

すべて見る ]

スタッフ紹介

福岡テンジン大学学長ブログ
福岡テンジン大学・学長、岩永真一の日々の奮闘記をお届けします!

授業コーディネーター紹介 ]

システムパートナー

  • ビートレンド

登録・授業申込の仕組みについて

法人会員・協賛

  • 西日本鉄道株式会社
  • ひとのときを、想う。JT
  • マンガ制作といえばシンフィールド
  • 株式会社すこやか工房
  • 天神イムズ
  • コーチ・コントリビューション株式会社
  • 天神がんクリニック
  • カラクリワークス

広報支援

福岡テンジン大学は、SOS子どもの村JAPANの活動を、応援しています。

里親、ご存知ですか? SOS 子どもの村 JAPAN