福岡テンジン大学 登録

授業案内

一覧へ戻る

視点が変われば世界も変わる!?〜遊ぶように働くまちびとの話〜

視点が変われば世界も変わる!?〜遊ぶように働くまちびとの話〜
申込受付中
[開催日時]
2020年2月22日(土) 14:00~16:30
[教室]
イムズ 10Fセミナールーム
[先生]
おきな まさひと/中村路子 (まちびと会社 VisionArial)

「おもしろき こともなき世を おもしろく すみなすものは 心なりけり」

 

上の句は、高杉晋作が詠み、野村望東尼が下の句を付け加えたものと言われる有名な歌。

自分の心次第で面白い世の中になる、という解釈がされています。

 

だけど、どんな心持ちになれば面白い世の中になるのか、自分自身の心持ちと言われてもちょっと難しいと思いませんか。

 

今回の授業の先生は、久留米市で活動している

「まちびと」のお二人。そのお二人が先生として

福岡にやって来ます!

 

生まれ育った久留米というまちで、自分サイズの暮らし方や働き方をつくり続けているお二人は、時にのたうち回りながらも挑戦し、時に感性を信じて自由に突き進む。世の中の大切な事を見つけたら、そこにユーモアな視点を交え面白がりながら行動する。

 

そんな二人の周りには、それを面白がる人が自然と集まり、年代や組織の垣根を超えた新しいコミュニティやプロジェクトが生まれる。そこから生まれたプロジェクトは「久留米10万人女子会」や「しぇんぱい会議」、「関係麻雀」など数知れず。

 

常識にとらわれず、常に面白い切り口で物事に取組むお二人の頭の中はいったいどうなっているのか。

どんな心持ちで日々を過ごしているのか。

 

2人の頭の中をちょっとのぞいてみませんか?

そして一緒に、まちを面白がる視点を体験してみましょう!

 

【授業の流れ】

13:40 受付開始

14:00 授業開始

14:15 先生のお話

15:00 ワークショップ

16:30 授業終了

 

【授業概要】

・定員 :20名

・参加対象 :日ごろの生活がルーティーン化し、面白さなどの刺激が薄れてきている人

・参加費 :無料

・申込締切 : 2月13日(木) 24時まで

・申込方法 : 下記フォームより申込 (定員を超える場合は抽選となります)

※1:本授業の抽選は2020年2月14日(金)に行います。

※2:抽選後、定員に満たない場合など、2月20日(木)24時まで先着順でお申し込みの受付を再開いたします。

※3:当選した場合で、どうしても参加できないときは必ず当選メールに記載のアドレスへ連絡ください。

 

 

※参加申込みをするには、学生登録が必要です。

※申込完了メールを受信された時点で、受付完了となります。

申込完了メールが届かない方は、PCメールソフトの設定(迷惑メールフォルダ)などをご確認ください

 

 


 

【今回の授業のコーディネーター】

 

視点が変われば世界も変わる!?〜遊ぶように働くまちびとの話〜

 

野田 遥

 

山口県防府市生まれ。大学から福岡に住み始め、福岡が好きになりそのまま就職。テンジン大学では、理事、保健室長。気になるテーマを見つけた時だけ授業を作る気ままな授業コーディネーター。「対話」や「学びあう」可能性の無限さを感じており、最近は「良質な問い」の作り方に興味がある。現在は、久留米でchietsukuプロジェクトにも参加し、まちで遊びながら暮らしている。

 


 

【今回の先生】

 

視点が変われば世界も変わる!?〜遊ぶように働くまちびとの話〜

 

おきな まさひと

 

久留米市を軸に「じぶんが好きなことを、好きな場所で、好きな人たちと暮らす」じぶんサイズなローカルな暮らし方を選ぶ人たちを「まちびと」と呼び、飲食や広場、コミュニティカフェ、シェアオフィスの運営や、中核市クラスの官民連携事業のコーディネート役として、まちに携わる。地域で暮らすプレイヤー自身が、暮らしの軸足から「じぶんたちの目の前の暮らしを、少しずつ豊かにしていく」無理のないプロジェクトづくりを生業とし、各地の地域コーディネーター活動や、企業・行政での地域連携アドバイザー業も行う。

 

<webサイト>

https://kar-nel.jp/people/94

 


 

視点が変われば世界も変わる!?〜遊ぶように働くまちびとの話〜

 

中村 路子

 

女性のコワーキングスペース展開をキッカケに自分の住む町で活動家となる。暮らしの在り方を考え、プロジェクトをつくり事業展開へと繋げる。現在、母子家庭サークルを法人化、地域福祉におけるローカルログイン事業、久留米10万人女子会、フリースクールの理事などを務めながら、様々な暮らしのプロジェクトを推進中。「出来る事」が増えるより「楽しめる事」が増える方がいい人生!と掲げ、イラストや、ヘアメイクなど、アートの世界にも活動の幅を広げている。

 

<webサイト>

まちびと会社 VisionArial(greenz記事)

 


 

【今回の教室】

 

視点が変われば世界も変わる!?〜遊ぶように働くまちびとの話〜

 

イムズ

1989年4月12日に天神の中心地にてオープンした商業施設。「まちの情報受発信基地」としてInter Media Stationの頭文字をとって「IMS」という名称になっており、ショッピング以外にも演劇や映画鑑賞などのホール、セミナールームなども設備、文化やスポーツが楽しめたり、学びのスクールがあったりと多様なコンテンツが揃っている。外壁のタイルは全て有田焼のタイルでできている。

 

<webサイト>

http://ims-tenjin.jp/

無料の授業をもっと増やすために サポーター制度

テン大で学ぶ人々

野田 遥の場合←貴島 道拓より
野田 遥公務員
貴島 道拓の場合←林 里穂より
貴島 道拓民間企業勤務

すべて見る ]

スタッフ紹介

福岡テンジン大学学長ブログ
福岡テンジン大学・学長、岩永真一の日々の奮闘記をお届けします!

授業コーディネーター紹介 ]

システムパートナー

  • ビートレンド

登録・授業申込の仕組みについて

法人会員・協賛

  • 西日本鉄道株式会社
  • ひとのときを、想う。JT
  • マンガ制作といえばシンフィールド
  • 株式会社すこやか工房
  • 天神イムズ
  • コーチ・コントリビューション株式会社
  • 天神がんクリニック
  • カラクリワークス

広報支援

福岡テンジン大学は、SOS子どもの村JAPANの活動を、応援しています。

里親、ご存知ですか? SOS 子どもの村 JAPAN