福岡テンジン大学 登録

授業案内

一覧へ戻る

[オープンキャンパス] 思考を深める“問い”のデザインをしよう

[オープンキャンパス] 思考を深める“問い”のデザインをしよう
申込受付中
[開催日時]
2021年4月24日(土) 10:30~12:30
[教室]
イムズ10Fセミナールーム
[先生]
参加者1人1人

コロナ禍になって2度目の春がやってきました。この1年間、あなたは何を考え、どのような思考を巡らせ、どんな新しいことに意識を振り向けることができたでしょうか?

 

 

福岡テンジン大学でも、対面でペチャクチャと対話する授業が企画できなくなり、福岡いや全国で「人と人が新たに繋がる“対話”のある場」が消えてしまいました。

 

 

通勤や通学も減り、見知らぬ土地を歩く機会も減りました。

 

 

その一方でオンラインセミナーやオンライン観光、ネット上のコンテンツは増加し情報を収集する手段は増えましたが、“対話”で生まれる「新たな気づき」や「これまで考えたことがなかったことを考えること」がコロナで減ってしまったのでないでしょうか?

 

 

福岡テンジン大学では、2010年開校以来“対話”がある場を大事にしてきました。

 

 

オープンキャンパスでは、“対話”が起こる、コミュニケーションが生まれる「問い」をデザインしてみましょう。参加する1人1人が持つ、今日にいたるまでの経験や思考、コロナ禍で考えたこと、これから考えてみたいこと、そんな自分の中にある“文脈”を持ちよって、みんなで「場づくり」を体験してみませんか?

 

 

【授業の流れ】

10:15 受付開始

10:30 授業開始

    チェックイン

10:40 “問い”をデザインしてみよう

11:00 “問い”から生まれる対話

12:00 ふりかえり

    集合写真

12:30 授業終了

 

【授業概要】

・定員 :15名

・参加対象 : コロナ禍で価値観が揺らいだ人、「問いのデザイン」と言われてピンと来る人、対話するのが楽しいと思う人

・参加費 :無料

・申込締切 : 4月22日(木) 24時まで 残り若干名を先着順で受付中

・申込方法 : 下記フォームより申込

 

 

※参加申込みをするには、学生登録が必要です。

※申込完了メールを受信された時点で、受付完了となります。

申込完了メールが届かない方は、PCメールソフトの設定(迷惑メールフォルダ)などをご確認ください

 


 

【今回の授業のコーディネーター】

 

[オープンキャンパス] 思考を深める“問い”のデザインをしよう

 

岩永 真一

 

1981年福岡市出身。広告業界で営業・プランナーを経験し2009年に独立。大学生から街のそうじをしているグリーンバードに参加、天神のまちづくり団体:We Love 天神協議会へ参画。2009年に独立したのをキッカケに福岡テンジン大学を企画し、2010年9月に開校・学長を務める。現在は、フリーランスでありながら複数の企業やNPOの社外社員、大学の非常勤講師など、複数の職場・仕事・プロジェクトに関わる「複業」を実践。

岩永真一ブログ

 

 


 

【今回の教室】

 

[オープンキャンパス] 思考を深める“問い”のデザインをしよう

 

イムズ

1989年4月12日に天神の中心地にてオープンした商業施設。「まちの情報受発信基地」としてInter Media Stationの頭文字をとって「IMS」という名称になっており、ショッピング以外にも演劇や映画鑑賞などのホール、セミナールームなども設備、文化やスポーツが楽しめたり、学びのスクールがあったりと多様なコンテンツが揃っている。外壁のタイルは全て有田焼のタイルでできている。

 

<webサイト>

http://ims-tenjin.jp/

無料の授業をもっと増やすために サポーター制度

テン大で学ぶ人々

岡本 理恵の場合←吉村 建哉より
岡本 理恵民間企業勤務
吉村 建哉の場合←野田 遥より
吉村 建哉現役大学生

すべて見る ]

スタッフ紹介

福岡テンジン大学学長ブログ
福岡テンジン大学・学長、岩永真一の日々の奮闘記をお届けします!

授業コーディネーター紹介 ]

システムパートナー

  • ビートレンド

登録・授業申込の仕組みについて

法人会員・協賛

  • マンガ制作といえばシンフィールド
  • 天神イムズ
  • コーチ・コントリビューション株式会社

広報支援

福岡テンジン大学は、SOS子どもの村JAPANの活動を、応援しています。

里親、ご存知ですか? SOS 子どもの村 JAPAN