福岡テンジン大学 登録

授業案内

一覧へ戻る

イムズへのきもち ~言の葉おくり~

イムズへのきもち ~言の葉おくり~
申込受付中
[開催日時]
2021年8月28日(土) 10:00~16:30
[教室]
イムズ 11F
[先生]
なし

※この授業は申込不要、開催時間中はどの時間に来ていただいても大丈夫な企画です。

※テン大の学生でも、そうじゃなくても、どなたでも参加いただけます。

 

 

「想い出の中に、イムズがいる。」

 

 

ただの商業施設なのに、ビルなのに、なぜかイムズは想い出の中に存在する。そこは想い出の「場所」や「出来事」があったという以上の存在感がある。このきもちはなんだろう。天神のまちの中で唯一無二の存在だったイムズ。

 

 

そんなイムズが今月末、閉館します。

 

 

これまで福岡テンジン大学では、多くの授業をイムズで開催してきました。テン大の主旨に賛同し、「まちの教室」として場所を提供してくれ、テン大の活動を支えてくれました。天神の中心にあるビルが、そんな“余白”や“居場所”をつくってくれる。

 

 

まるで、森の中にある大樹のような存在感。本当に、公私ともに本当にお世話になりました。

 

 

今回は、テン大がイムズで授業をやれる最後のチャンスです。今回は先生はいません、申込もいらず出入り自由、好きな時間にきて、「あなたの中にある、イムズへのきもちを言葉として書き記す場」として空間を解放することにしました。ちょっとお時間ある方は、テーブルを囲んで最後のイムズ談義もできるようにしたいと思います。

 

 

11Fのエレベーター降りてまっすぐの場所。天神ビッグバンの工事も見える“天神ビュー”な空間です。あなたがこの日、書き記した“イムズへのきもち”は、イムズとイムズを運営していた方々へ贈りたいと思います。お気軽にお立ち寄りいただけると幸いです。

 

【授業の流れ】

10:00 開場

    開催時間中は出入り自由です

16:30 授業終了

 

【授業概要】

・参加対象 :イムズへ感謝の気持ちが少しでもある人

・参加費 :無料

・持ってくるもの : イムズでの想い出、イムズへの気持ち

・申込締切 :  申し込みは不要です。いつでもご自由にお越しください。

 

【注意事項】

※出入口にて手指用のアルコール消毒を行っていただいての入室になります。

※必ずマスクを着用しての入室となります。

※開催時間中は、どのタイミングで来ていただいても大丈夫です。

 


 

【今回の授業のコーディネーター】

 

イムズへのきもち ~言の葉おくり~

 

岩永 真一

 

1981年福岡市出身。広告業界で営業・プランナーを経験し2009年に独立。大学生から街のそうじをしているグリーンバードに参加、天神のまちづくり団体:We Love 天神協議会へ参画。2009年に独立したのをキッカケに福岡テンジン大学を企画し、2010年9月に開校・学長を務める。現在は、フリーランスでありながら複数の企業やNPOの社外社員、大学の非常勤講師など、複数の職場・仕事・プロジェクトに関わる「複業」を実践。

岩永真一ブログ

 

 


 

【今回の教室】

 

イムズへのきもち ~言の葉おくり~

 

イムズ

1989年4月12日に天神の中心地にてオープンした商業施設。「まちの情報受発信基地」としてInter Media Stationの頭文字をとって「IMS」という名称になっており、ショッピング以外にも演劇や映画鑑賞などのホール、セミナールームなども設備、文化やスポーツが楽しめたり、学びのスクールがあったりと多様なコンテンツが揃っている。外壁のタイルは全て有田焼のタイルでできている。

 

<webサイト>

http://ims-tenjin.jp/

無料の授業をもっと増やすために サポーター制度

テン大で学ぶ人々

岡本 理恵の場合←吉村 建哉より
岡本 理恵民間企業勤務
吉村 建哉の場合←野田 遥より
吉村 建哉現役大学生

すべて見る ]

スタッフ紹介

福岡テンジン大学学長ブログ
福岡テンジン大学・学長、岩永真一の日々の奮闘記をお届けします!

授業コーディネーター紹介 ]

システムパートナー

  • ビートレンド

登録・授業申込の仕組みについて

法人会員・協賛

  • マンガ制作といえばシンフィールド
  • 天神イムズ
  • コーチ・コントリビューション株式会社

広報支援

福岡テンジン大学は、SOS子どもの村JAPANの活動を、応援しています。

里親、ご存知ですか? SOS 子どもの村 JAPAN