フクオカテンジン大学

フクオカテンジン大学

企業・自治体の皆様 学生登録

授業案内

一覧に戻る

天神のまちづくりの“イマ”を知る~ビッグバンまちあるき~

申込受付終了

[開催日時]:2022年5月28日(土) 14:00~16:30

[教室]:赤煉瓦文化館

[先生]:福岡市 住宅都市局 都心創生課

今、天神は100年に1度の大リニューアル中!!

 

 

2008年、イギリスの経済誌モノクルが「世界のベストシティ25」を発表。福岡が初めてランクインし17位。このとき、交通アクセスがよく地下で繋がって雨に濡れずに買い物ができると「ショッピングは世界一!」と紹介。実は約100年前の1910年に天神が大リニューアル、これによりショッピングのまちへとひた走った結果だったのです。

 

 

さぁ、そんな天神が「ショッピングのまち」から次のステージへと向かうのが「天神ビッグバン」!

 

 

そもそも、なんでこんなに高いビル建ててるの?

ショッピングのお店はもうできないの?

オフィスは、働く場は?

イベントや交流の場は?

これからの天神の5年後、10年後はどうなっていくの?

 

 

今回の授業は、福岡市の出前講座「都心部のまちづくり」にて天神ビッグバンの背景を知り、天神の“イマ”を知る「ビッグバンまちあるき」もします!

 

 

これからの天神がより楽しみになる、未来を思い描くような時間を過ごしてみませんか?

 

 

【授業の流れ】

13:45 受付開始

14:00 授業スタート

    チェックイン

14:15 先生の話

14:45 まちあるきの説明

15:00 天神ビッグバンまちあるき

16:00 ふりかえり

    リフレクションシート

16:30 授業終了

 

【授業概要】

・日時:2022年5月28日(土) 14:00~16:30

・先生:福岡市 住宅都市局 都心創生課

・教室:赤煉瓦文化館

・定員:20名

・参加対象:天神ビッグバンへ期待のある人、天神が気になる・好きな人

・参加費:無料

・持ってくるもの: 筆記用具

・申込締切:5月19日(木) 24時まで

・申込方法:下記フォームより申込 (定員を超える場合は抽選となります)

※1:本授業の抽選は2022年5月20日(金)に行います。

※2:抽選後、定員に満たない場合など、5月26日(木)24時まで先着順でお申し込みの受付を再開いたします。

※3:当選した場合で、どうしても参加できないときは必ず当選メールに記載のアドレスへ連絡ください。

 

【注意事項】

※天神を歩きますので、動きやすい靴でお越しください。

※出入口にて手指用のアルコール消毒を行っていただいての入室になります。

※必ずマスクを着用しての入室となります。

 

※参加申込みをするには、学生登録が必要です。

※申込完了メールを受信された時点で、受付完了となります。

申込完了メールが届かない方は、PCメールソフトの設定(迷惑メールフォルダ)などをご確認ください

【今回の授業のコーディネーター】

天神のまちづくりの“イマ”を知る~ビッグバンまちあるき~

岩永 真一

1981年福岡市出身。広告業界で営業・プランナーを経験し2009年に独立。大学生から街のそうじをしているグリーンバードに参加、天神のまちづくり団体:We Love 天神協議会へ参画。2009年に独立したのをキッカケに福岡テンジン大学を企画し、2010年9月に開校・学長を務める。現在は、フリーランスでありながら複数の企業やNPOの社外社員、大学の非常勤講師など、複数の職場・仕事・プロジェクトに関わる「複業」を実践。

岩永真一ブログ

 

【今回の先生】

天神のまちづくりの“イマ”を知る~ビッグバンまちあるき~

福岡市 住宅都市局 都心創生課

福岡市は、まちづくりの目標を示す基本計画において、福岡市の成長エンジンである都心部に、福岡都市圏や九州の中枢を担う広域的な都市機能とともに、国際競争力を備えた高度な都市機能の集積を目指している。「天神ビッグバン」「博多コネクティッド」では、航空法の高さ制限の緩和や福岡市独自の規制緩和制度の活用などにより、耐震性が高く、感染症にも対応した先進的なビルへの建替えを促進し、より国際競争力が高く、安全安心で環境にも配慮した魅力的なまちづくりに取り組んでいる。

 

■webサイト

天神ビッグバン (福岡市HP)

博多コネクティッド (福岡市HP)

 

【今回の教室】

天神のまちづくりの“イマ”を知る~ビッグバンまちあるき~

赤煉瓦文化館

明治時代の我が国を代表する建築家・辰野金吾と片岡安の設計により、 日本生命保険株式会社九州支店として明治42年(1909)に竣工。 赤煉瓦と白い花崗岩の外壁は19世紀末のイギリス様式で、ほかに尖塔やドームなど、小規模ながら変化に富んでいる建物です。

福岡市歴史資料館として使用された後、有料の会議室等を備えた市民に開かれた施設「赤煉瓦文化館」としてオープン。平成14年(2002)からは1階の一部が「福岡市文学館」として使用され、 文学に関するさまざまな情報を収集・提供しています。 国の重要文化財。 

 

住所:福岡市中央区天神1-15-30

電話 : 092-722-4666

※お問い合わせは所在場所についてのみ、お願い致します。授業内容につきましては、福岡テンジン大学までお問合せください。

 

■赤煉瓦文化館概要・アクセスMAP

http://www.yokanavi.com/jp/landmark/index/179

(福岡・博多の観光案内サイト よかなびへ)

※駐輪場は、周辺の路上駐輪場をご利用ください。