福岡テンジン大学 登録

授業レポート

一覧へ戻る

ミツバチのいるまち福岡!知ってるようで知らないみつばちのヒミツ

ミツバチのいるまち福岡!知ってるようで知らないみつばちのヒミツ

2017年11月25日(土)

“Bee’s knees”

皆さんは聞いたことがありますか?

 

直訳すると「蜂の膝」ですが、実は「最高のもの」という意味なんです!

由来について諸説ありますが、蜂は足に花粉などのいいものをつけているから

などといわれています。

 

都会にいるとあまり見る機会のないみつばちはどのように過ごしているのでしょうか。。。

 

11月25日(土)はイムズ8階会議室にて、

Bee’s knees Farmersでmitubachiコーディネーターをされている伊藤多久摩さんをお招きし、知っているようで知らない“みつばち”の生態や現状についてお話をして頂きました。

 

 

みつばちと一概にいっても、実は西洋みつばちと日本みつばちでは性格が全然違うんですって!

西洋みつばちは全体的に黄色っぽい色をしているのですが、感情が高ぶるとすぐに攻撃的になるのに対し、日本みつばちは西洋みつばちに比べて黒っぽい色をしていて、性格は非常におとなしいそうです。

 

ん…?何だか人間の気質とも似ているような気がしませんか??

なんだか不思議な感じがしますね。。。

 

 

さて、ここで皆さんにクイズです!

みつばちにとって最大の天敵といえばスズメバチですが、みつばちはスズメバチが襲ってきたとき一体どうやって撃退するのでしょうか?

 

 

答えは、蜂球(ほうきゅう)です!

蜂球とは、スズメバチの周りをたくさんのみつばちが囲み、身体を震わせて熱を発生させ、その熱によって撃退します。

 

みつばちとスズメバチでは耐えられる温度が少し違うので、スズメバチだけを殺すことができるのです。

 

 

授業も終盤にさしかかり、みつばちの現状についてもお話していただきました。

現在、みつばちは世界中で社会問題となっており、在来種の90%が死滅してしまうという話もでているほどです。

 

また、みつばちは地球上の約8割の植物、人間が口にする農作物では3割の受粉を担っています。

なんと、みつばちが全滅したら、4年後に人類も滅亡すると言われているんです!

まさしく、“No Bees, No foods”

どれだけ私たちの生活にみつばちが大切なのかよくわかりますね!!

 

授業の最後には、伊藤さんが育てた日本みつばちたちの貴重なはちみつを試食させて頂きました。

これがとってもまろやかで、甘くて美味しいんです!

 

 

今回の授業で今まで知らなかったみつばちの世界を少し垣間見ることができました。

「日本みつばちと共に暮らす」ことが多くの街で実現していってほしいと感じました。

 

“No Bees, No Life”

 

 

 

(ボランティアスタッフ 尾崎 純矢)

 


 

【今回の授業のコーディネーター】

 

ミツバチのいるまち福岡!知ってるようで知らないみつばちのヒミツ

 

泉 佑果

 

1997年生まれ。北九州市立大学地域創生学群に通う現役大学生。福岡市から北九州まで毎日往復しながら、北九州での活動のための学びになればと思い、テンジン大学に入学。動物好きで特に犬が大好き。それと同じくらい花と音楽が好き。趣味はお菓子作りとノープランで“遠出”すること。

自分らしくいられる働き方ができるような大人を目指し奮闘中。

 

<webサイト>

アイディアプラス - idea+

 


 

【今回の先生】

 

ミツバチのいるまち福岡!知ってるようで知らないみつばちのヒミツ

 

伊藤 多久摩

 

20年間の会社員時代を経て独立。様々な事業を手掛ける中『日本ミツバチと共に暮らす』をテーマに養蜂業『Bee's kees Farmers』を創める。日本ミツバチのハチミツは一年に一度しか採れず、その希少性から栄養素を殺さないように非加熱として販売。ミツバチの巣(ミツロウ)を使ったワークショップなども開催している。現在は在来種である日本ミツバチの数が年々減少している現状に危機感を抱き、生態数の回復や生息環境の改善を目標に里山だけではなく日本ミツバチが身近な存在として街や都会に住む人と共存共生できる社会を目指し活動中。

 

<webサイト>

Bee's knees Farmers

 


 

【今回の教室】

 

ミツバチのいるまち福岡!知ってるようで知らないみつばちのヒミツ

 

天神イムズ

1989年4月12日に天神の中心地にてオープンした商業施設。外壁のタイルは有田焼。情報発信基地として、ショッピング以外にも演劇や映画鑑賞などのホールや、セミナールームなども設備も持つ。

 

住所 : 福岡市中央区天神1-7-11

電話 : 092-733-2016 (マーケットプロモーション部)

※お問い合わせは所在場所についてのみ、お願い致します。

※授業内容につきましては、福岡テンジン大学までお問合せください。

 

>> 交通アクセス (イムズWEBサイトへ)

 

福岡県福岡市中央区天神1丁目7−11

大きな地図で見る

 

 

<WEBサイト>

天神イムズ

 

無料の授業をもっと増やすために サポーター制度

テン大で学ぶ人々

林 里穂の場合←泉 佑果より
林 里穂化粧品営業
泉 佑果の場合←尾崎 純矢より
泉 佑果現役大学生

すべて見る ]

スタッフ紹介

福岡テンジン大学学長ブログ
福岡テンジン大学・学長、岩永真一の日々の奮闘記をお届けします!

授業コーディネーター紹介 ]

システムパートナー

  • ビートレンド

登録・授業申込の仕組みについて

法人会員・協賛

  • 西日本鉄道株式会社
  • マンガ制作といえばシンフィールド
  • 株式会社すこやか工房
  • 天神イムズ
  • コーチ・コントリビューション株式会社
  • 株式会社AGO
  • カラクリワークス

広報支援

福岡テンジン大学は、SOS子どもの村JAPANの活動を、応援しています。

里親、ご存知ですか? SOS 子どもの村 JAPAN