福岡テンジン大学 登録

授業レポート

一覧へ戻る

もっとちゃんと伝えあいたい。 -会話の中の言葉以上に大切なもの-

もっとちゃんと伝えあいたい。 -会話の中の言葉以上に大切なもの-

2018年5月26日(土)

今回の授業を企画したコーディネーターの吉開さんは、こう思いました。

 

『 伝えたいことを一生懸命口に出しても、うまく伝わらないことがあるコミュニケーション。その原因は、言葉だけじゃないかもしれない。テンジン大学には、言葉以外を使ってコミュニケーションするスタッフがいて、その彼から、言葉だけにとらわれないコミュニケーションの大切な部分をみんなと一緒に考えたいな~ 』

 

そんなコーディネーター吉開さんの思いと、無声コミュニケーター吉田さんがタッグを組み、吉吉(よしよし)コンビにより、この授業が実現されました。

 

いよいよ、授業開始。始まりと終わりは、先生がベルで知らせます。

進行と内容は全て、先生が作成したスライドを見て、読んで、理解して行動する、スタイルです。言葉による説明は一切ありません。※助手的に吉開さんの補足があるだけです。

 

 

●アイスブレイク

この授業に参加しようと思ったことをグループで共有。

『当たり前のように行ってきたコミュニケーションの不安解決のヒントにしたいです。』

そんな話が、あちらこちらで、盛り上がっていました。

 

●コミュニケーション ワーク1 (話しやすい人、話しにくい人とは?)

 話しやすい人 ・・・ 笑顔のある人、優しい感じのする人 など

  話しにくい人 ・・・ 表情が硬い人、怖い感じのする人  など

 コミュニケーションの得意な人、苦手な人の要素に繋がっているのかも、という意見もありました。

 

★あっちゃん先生がコミュニケーションをとる方法と注意していること★

  ・言葉を発することを除いた、全ての五感を意識して使う

  ・スマホで文字を書いて伝える

  ・非言語コミュニケーションを意識する(相手の表情や仕草、自分も)

 

 

●コミュニケーション ワーク2 (筆談トーク)

 フリートークですが、筆談のため無音です。

 お互いが、質問を掛け合う内容で、朝ご飯のことや、この後の予定など会話してました。

 『会話は筆談だけど、相手の表情や仕草を気にすることで楽しく話せました。』

 という振り返りもありました。

 

 

●コミュニケーション ワーク3 (伝え方、聞き方)グループワーク

 ひとりが、お題の絵(キャラクター)を言葉で説明し、イメージを伝える。

 1:Nで質問を繰り返し、ヒントをもとに書きながらお題の絵を見つける。

 『言葉だけで説明するのは難しいですね』という気づきもありました。

 みなさんが、細部の特徴まで聞きあう、和気あいあいで本日一番の盛り上がりでした。

 

 

 

★あっちゃん先生が伝え方、聞き方で注意していること★

 ・相手がイメージできる言葉を使うと、より伝わりやすい

 ・印象や表情、話し方で伝え方が決まる(メラビアンの法則)

  ※メラビアンの法則について気になる方は、調べてみてくださいね!

 ・相手が伝えたいことをきちんと聞いてから話す

 ・会話は受け取るだけでなく話題を広げる

 ・Yes、Noで確認したいときは、クローズドクエスチョンを使うと有効

 ・内容の本質を聞きたいときは、オープンクエスチョンを意識する

  ※5W1Hを意識して掛け合うと自然と会話が盛り上がるかも?

  ※ただし、質問ばかりだと、息苦しいね!

 

●コミュニケーション ワーク4 (きちんと聞いてから話す)

 これからやってみたいことor今ハマっていることを話し手がまとめ、聞き手は最後まできちんと聞いてから、5W1Hを意識して質問する。話し手は質問に答え、聞き手はきちんと聞いてから・・・を繰り返す。

 

 身振り手振りを交え、相槌や頷きを意識しながら、何より、みなさんが笑顔で話しておられ、こちらまで笑顔になりました。

『最後まで聞くことが意外にできていない』、『テンポや間も大事』という気づきもありました。

 

 

 

最後に、あっちゃん先生から、非言語コミュニケーションと傾聴を意識することで、思いや気持ちは、今よりもっと伝わります。

[伝わったこと]が[伝えたかったこと]で、何よりも[笑顔は最強の武器です]とのこと。

 

 

参加したみなさんが、非言語コミュニケーションに気づき意識することで、これから楽しく会話できる、そんなキッカケになる時間になりました。 まる(^^)//

 

 

(ボランティアスタッフ  天尾裕作)

 


 

【今回の授業のコーディネーター】

 

もっとちゃんと伝えあいたい。 -会話の中の言葉以上に大切なもの-

 

吉開 崇人

 

1986年、福岡生まれ。九州大学芸術工学部卒。民間企業勤務。テンジン大学では、理事、授業局長、授業コーディネータを担当。福岡の街の本のお祭りBOOKUOKAにも参加。赤坂のけやき通りで毎年開催されている「のきさき古本市」の取り纏めを行っている。

 


 

【今回の先生】

 

もっとちゃんと伝えあいたい。 -会話の中の言葉以上に大切なもの-

 

吉田 篤史

 

1988年福岡市出身。声が出せない障がいを持って生まれ、ジェスチャーや筆談、表情でコミュニケーションをとって過ごしてきた。現在は、民間企業で事務をやる傍ら、グリーンバードや福岡テンジン大学など、街の活動に積極的に参加し、2012年には授業コーディネーターを務め、自らの無声コミュニケーションの可能性を広げている。

 

■吉田篤史 facebook

http://facebook.com/atsushi.yoshida22

 

 


 

【今回の教室】

 

もっとちゃんと伝えあいたい。 -会話の中の言葉以上に大切なもの-

 

イムズ

1989年4月12日に天神の中心地にてオープンした商業施設。「まちの情報受発信基地」としてInter Media Stationの頭文字をとって「IMS」という名称になっており、ショッピング以外にも演劇や映画鑑賞などのホール、セミナールームなども設備、文化やスポーツが楽しめたり、学びのスクールがあったりと多様なコンテンツが揃っている。外壁のタイルは全て有田焼のタイルでできている。

 

<webサイト>

http://ims-tenjin.jp/

無料の授業をもっと増やすために サポーター制度

テン大で学ぶ人々

林 里穂の場合←泉 佑果より
林 里穂化粧品営業
泉 佑果の場合←尾崎 純矢より
泉 佑果現役大学生

すべて見る ]

スタッフ紹介

福岡テンジン大学学長ブログ
福岡テンジン大学・学長、岩永真一の日々の奮闘記をお届けします!

授業コーディネーター紹介 ]

システムパートナー

  • ビートレンド

登録・授業申込の仕組みについて

法人会員・協賛

  • 西日本鉄道株式会社
  • マンガ制作といえばシンフィールド
  • 株式会社すこやか工房
  • 天神イムズ
  • コーチ・コントリビューション株式会社
  • 株式会社AGO
  • カラクリワークス

広報支援

福岡テンジン大学は、SOS子どもの村JAPANの活動を、応援しています。

里親、ご存知ですか? SOS 子どもの村 JAPAN