福岡テンジン大学 登録

授業レポート

一覧へ戻る

テン大セレクトショップ

テン大セレクトショップ

2018年10月13日(土)

2018年10月13日~11月4日までイムズで開催された「イムカル祭」の第一弾イベント~手作りのある暮らし~(10/13 and 10/14)に、「テン大セレクトショップ」を出店しました。

 

 

これまでテンジン大学で授業を一緒に企画した先生方の手づくりの逸品を紹介し、販売しました。 なんと、な、な、なぁ~んと、テンジン大学史上初のイベントだったんです。 (^^

 

前日準備の様子 【 前夜祭 】 ※授業紹介のパネル作りに熱が入りました。

 

 

少しずつ、お店っぽくなってきた?!

 

★10/13(土)出店の様子【 怒涛の初日 】★

※出店の先生方

 

●甘酒(セルラボ/かねやま たかこ)

●ジビエ雑貨(糸島シェアハウス/畠山 千春)

●メッセージカード(JIYU design/三舩 セージ)

 

※販売経験のあるスタッフは一人もいない中、高校生や大学生の参加も含め、みんなボランティアでお手伝い、決められたシフト通りの交代で素晴らしい運営でしたよ。

 

 

お客様の方々・・・顔出しOKなのはテン大の学生さんですが、一般のお客様もたくさん来店されました ♪♪

 

 

★10/14(日)出店の様子【 大盛況の最終日 】★

※出店の先生方

 

●野菜(加茂グリーンファーム/加茂 正彦)

●生はちみつ(Bee’s Knees Farmers/伊藤 多久摩)

●博多人形(田中勇気 博多人形工房/田中 勇気)

 

※急きょ、野菜の販売は別ブース(セレクトショップ別館を設置)となり、朝から準備にてんてこ舞い。みんなで協力して準備完了。やれば、できるノダ~、ちゃんちゃん (^^

 

 

初日スタッフ同様、最終日スタッフも一生懸命頑張りました。素晴らしい接客と応対でしたよ。来店されたお客様で、新たにテン大に学生登録された方もたくさんおられました。商品販売と合わせて、テン大の紹介をした嬉しい結果ですね。

 

 

 

イベントを成し遂げるには準備と体制の他、何よりも各自の責任ある行動と自覚が必要です。そんな大切なことに各自が向き合い、スタッフを含め、お客さんみんなが笑顔になれるイベントができました。

 

そして、これからもテンジン大学のチャレンジは続く・・・ですね。

 

最後に、当日の売上はすべて先生方へお渡しし、私たち、テンジン大学は一切の収益をあげず、ボランティアで商品の委託販売と「みなさんに笑顔」を提供しました。

 

 

<イベント関係者>

Report  天尾

Photo   テン大スタッフのみなさん

Staff     古川、田中、池田、松本、

     瀬戸、岡本、松下、藤丸、

     吉開、前田、野田、貴島、

     中牟田、吉村

     他、イムズ関係者のみなさん 

     ※順不動

 


 

【今回の教室】

 

テン大セレクトショップ

 

イムズ

1989年4月12日に天神の中心地にてオープンした商業施設。「まちの情報受発信基地」としてInter Media Stationの頭文字をとって「IMS」という名称になっており、ショッピング以外にも演劇や映画鑑賞などのホール、セミナールームなども設備、文化やスポーツが楽しめたり、学びのスクールがあったりと多様なコンテンツが揃っている。外壁のタイルは全て有田焼のタイルでできている。

 

<webサイト>

http://ims-tenjin.jp/

無料の授業をもっと増やすために サポーター制度

テン大で学ぶ人々

林 里穂の場合←泉 佑果より
林 里穂化粧品営業
泉 佑果の場合←尾崎 純矢より
泉 佑果現役大学生

すべて見る ]

スタッフ紹介

福岡テンジン大学学長ブログ
福岡テンジン大学・学長、岩永真一の日々の奮闘記をお届けします!

授業コーディネーター紹介 ]

システムパートナー

  • ビートレンド

登録・授業申込の仕組みについて

法人会員・協賛

  • 西日本鉄道株式会社
  • マンガ制作といえばシンフィールド
  • 株式会社すこやか工房
  • 天神イムズ
  • コーチ・コントリビューション株式会社
  • 株式会社AGO
  • カラクリワークス

広報支援

福岡テンジン大学は、SOS子どもの村JAPANの活動を、応援しています。

里親、ご存知ですか? SOS 子どもの村 JAPAN