福岡テンジン大学 登録

授業レポート

一覧へ戻る

[オンライン授業]歩きながら考える -僕らのまちの散歩の授業-

[オンライン授業]歩きながら考える -僕らのまちの散歩の授業-

2020年7月25日(土)

今回は、街歩き、それぞれの人たちが、それぞれが住む街を歩きます。

zoom形式、それぞれの自宅から参加していただきました。

 

まずは、zoom上に集合して、先生の話を聞きます。

今回の先生は、“ブックバーひつじが”の下田さん。

 

”ひつじが”というカフェがどのようなものなのかを語ってもらい、

そして、散歩というものがどういうものなのか話しました。

 

今は、街の人たちに気持ちの余裕がない状態。

散歩することで、自分の生活の中の余白の部分が見えてきます。

 

普段見落としがちな、もの、場所。

歩く中で、それらに気付ける自分の心の余裕。

それが大切なんじゃないでしょうか。

 

 

 それから、参加者それぞれ、自分の家の周りを散歩してもらいました。

時間は1時間。

散歩しつつ、気づいたもの。

面白いなと思ったものを写真に収めます。

 

 

 

ここは、大分の「往還田」。

道路の色が変わっているところが、参勤交代で使われた道なのだそうです。

 

 

 

家の下に降りたら、3匹もの猫がいました。

可愛いので、思わず一枚。

 

 

 

見てください。

ここからは、中央区、博多区、南区の3つが見えるんです。

手前と右の道が中央区、川の左が博多区、そして川の奥に見えるのが南区です。

 

 

 

薬院駅の天井。

こんな電球が使われていたかな…?

 

 

 

道を歩いていると、野生のポケモンが飛び出してきました。

 

 

いつも見慣れているはずの家の周りですが、様々な発見がありました。

少しだけ、いつもと視点をずらして、街をみてみると、

そこには少し違った街の姿が見えてくるはずです。

 

皆さんも、たまに、ただただ散歩をする時間をつくってみてはいかがでしょうか?

 

 


 

【今回の授業のコーディネーター】

 

[オンライン授業]歩きながら考える -僕らのまちの散歩の授業-

 

吉開 崇人

 

1986年、福岡生まれ。九州大学芸術工学部卒。民間企業勤務。テンジン大学では、理事、授業局長、授業コーディネータを担当。福岡の街の本のお祭りBOOKUOKAにも参加。赤坂のけやき通りで毎年開催されている「のきさき古本市」の取り纏めを行っている。

 


 

【今回の先生】

 

[オンライン授業]歩きながら考える -僕らのまちの散歩の授業-

 

シモダ ヨウヘイ

 

1987年長崎県出身。大学卒業後関西にて不動産系の会社に就職し、オフィスや商業施設の管理業務を行う。2018年に独立し、翌年福岡にて本棚とお酒のあるお店「ブックバーひつじが」を開店。以降店内にて読書会や作品展示等などの催しを行いながら、日常を今より少しだけ豊かにするための場づくりを模索中。店内での活動の他に、近隣書店でのイベント登壇、文章寄稿などもおこなっている。

無料の授業をもっと増やすために サポーター制度

テン大で学ぶ人々

野田 遥の場合←貴島 道拓より
野田 遥公務員
貴島 道拓の場合←林 里穂より
貴島 道拓民間企業勤務

すべて見る ]

スタッフ紹介

福岡テンジン大学学長ブログ
福岡テンジン大学・学長、岩永真一の日々の奮闘記をお届けします!

授業コーディネーター紹介 ]

システムパートナー

  • ビートレンド

登録・授業申込の仕組みについて

法人会員・協賛

  • 西日本鉄道株式会社
  • ひとのときを、想う。JT
  • マンガ制作といえばシンフィールド
  • 株式会社すこやか工房
  • 天神イムズ
  • コーチ・コントリビューション株式会社
  • 天神がんクリニック
  • カラクリワークス

広報支援

福岡テンジン大学は、SOS子どもの村JAPANの活動を、応援しています。

里親、ご存知ですか? SOS 子どもの村 JAPAN