フクオカテンジン大学

フクオカテンジン大学

企業・自治体の皆様 学生登録

レポート日記

一覧に戻る

今さら聞けない多文化共生ってなんだ?

開催日:2023年12月16日

通常授業

 

 最近、福岡の街にも外国人の方が増えてきたと感じませんか?観光地では中国語や韓国語が話され、普段、通うコンビニの店員さんが外国人といったことも多々あると思います。今回の授業では、福岡工業大学教養力育成センター助教、任意団体TABUWATA代表である坂本文子先生を先生に迎え、多文化共生について考えました。

 

 

 坂本先生はまず多文化共生という考えができた成り立ちや、日本に住む外国人の国別の人数や問題点についてお話されました。

 外国人も高齢化していくという問題、外国人の子ども達の教育、進学についての問題、技能実習生について等、多くの問題があり、すぐに解決できるというものはありません。

 現在、建築、農業、介護等で外国人が働いており、外国人がいなければ、私達の生活は成り立たちませんが、コロナの際、多くの外国人が解雇される等、雇用状況はとても不安定だそうです。孤独感を抱え、精神を病んでしまう方が多いというお話も印象的でした。

 ある地域で外国人のゴミ分別のマナーが悪いということを解決するために、日本人と外国人でゴミ収集の場所を分け、自治会がゴミ袋を勝手に開け分別するという問題が起きました。多くの人がそれを問題だと思っていないということが大きな問題であり、「日本人は差別につながるかもしれないという感覚がうすい」と坂本先生は言われました。

 坂本先生が代表をしておられるTABUWATAでは、住民同士が対等であること、名前を呼べる関係になっていること、日本人だけの感覚で判断していないかということを大切にされているそうです。

 多文化共生は豊かな未来をつくるため一人一人が考え続けていかなければいけないと力強く坂本先生は言われました。

 

 

 坂本先生のお話をもとにグループ対話が行われました。グループ対話の中で「自分も無意識に差別をしていたかもしれない」といった発言があり、自らの行為を振り返るきっかけになりました。

 最後に『多文化と共に生きていくなかで心掛けたいものとはなにか?』という問いかけがありました。知ることや興味を持つこと、相手を思いやる想像力を持つことなど様々な意見が出て、活発に自分の考えを発言されていました。

 

 

 

 私が心に残ったのはやさしい日本語です。難しい言葉で話すのではなく、簡単な日本語を話すことで、意思疎通がしやすくなるというのは心掛けていないとできそうでできないことだと思います。

 今日の授業をきっかけに多文化への理解を深め、誰もが孤立しない社会の実現を目指していく努力をしていくことが大切だと思いました。

 授業の終了後も残って話される方も多く、TABUWATAの活動やテンジン大学のボランティアに興味を持ってくださる方もおられました。

 天候が安定しない日の授業でありましたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

<STAFF>

Report:野田真紀子

Photo:三河慶樹

Staff:貴島道拓、平嶋須磨子

【今回の授業のコーディネーター】

今さら聞けない多文化共生ってなんだ?

貴島 道拓

1992年鹿児島県出身。鹿児島大学卒業後、トヨタ自動車九州(株)に就職し福岡へ移住。トヨタに働きながら、ボランティアでテンジン大学に関わる。その後、2020年に独立し、個人でも”関わった人の道(価値観)を拓く“を人生の軸に、企業や行政と連携したワークショップ、対話型・体験型の企画運営を300回以上行なっている。2021年より、テンジン大学理事。

【今回の先生】

今さら聞けない多文化共生ってなんだ?

坂本 文子

福岡県飯塚市出身。大学進学をきっかけに、栃木県宇都宮市に足かけ25年居住し、2023年4月より福岡へJターンする。ベトナムのストリートチルドレンを支援するNGO・日本語教師、宇都宮市市政研究センター・研究員、宇都宮大学地域デザイン科学部附属地域デザインセンター・コーディネーター、宇都宮大学地域創生推進機構社会共創促進センター特任助教等を経て、現在福岡工業大学教養力育成センター助教。大学では、社会学、地域創生論、地域創生PBLなどの授業を担当する。外国人住民と共に生きる地域社会の在り方を研究。博士(学術)、専門社会調査士、多文化系まちづくり団体TABUWATA(たぶわた)共同代表。

【今回の教室】

今さら聞けない多文化共生ってなんだ?

URBANG TABLE(アーバンテーブル)

URBANG TABLEではまちづくりに関するイベントが行われる、学びの場、人とのつながりの場です。(2020年12月にUR都市機構が開設)

TABLE SESSION TENJINなどの開催をとおして、まちづくりに関心のある人が集まり、様々な知識・経験を持ち寄り交流する場を提供している。2023年に向けてリニューアル準備中。現在は、イベントスペースとして貸し出しを行っている。

 

住所 :福岡市中央区天神4-3-30 天神ビル新館1階

利用可能時間 : 平日10:00〜18:00 (要事前予約)

 

■TABLE SESSION TENJIN

福岡の未来が広がるトークイベント動画配信チャンネル(Youtube)

 

■webサイト

URBANG TABLE

 

■アクセスマップ